ブログネタ
こんな本を買いました に参加中!
先日出会った本をご紹介させていただきます。

「考えない練習」
小池 龍之介 氏 著
小学館文庫
IMG_0016


世間にインターネットというものが
出てくる前には、考える必要がなかったことに
人は振り回されがちである。
例えば食べるときは、何も考えずにひたすら
五感に集中してみよう。

ブログやSNSの「いいね!」やコメントに
一喜一憂することなかれ。
認められたい、受け入れられたい、というのは
「慢」という煩悩である。…

ご住職のお話だから、と身構えていたら、
楽に肩の力を抜いて読むことができました。
自分でも不安なことがありましたが、
それに対する回答のような内容もあって、
だいぶ楽になりました。

意外だったのは、ブッダの教えというのは、
「万人と仲良くしましょう」
という博愛的なニュアンスはなくて、
お互いが堕落したり、煩悩が増えるような
関係の人とは距離を置きなさい、と説いているそうです。
なかなか厳しいものがありますが、
むやみやたらに人脈を増やしていこうとすると
きっとこういう方々に出会ってしまう可能性も
高くなるでしょう。


ところで自分が会社にいる頃には、毎朝、
同じ部署の人間が集まって(少ないと2〜3人)

「きょうから俺はやるぞー!」
「やるぞー!やるぞー!やるぞー!」
「やってみてから考えろー!」


と左手を腰にあて、右手のにぎりこぶしを
会社の天井に突き上げて大声で叫んでいました。
考える前にやれ、というのも
多少は一理あったのだなぁ(汗)と
ぼんやり思い出しました。


ところでこの「考えない練習」、
帯を取った状態、本来の「本」としての
姿がこちらです。
文庫本の帯はいつのまにか幅が広くなり、
情報量が増えて自己主張するようになりました。
IMG_0013


そしてこの本を読んで、自分は宗教とは
無関係の人間ですが、
お葬式や法事などで聞くお経の
意味くらいは知っておこう、
と改めて感じました。
でも関連文書はきっと高額で難しそうだし…
とあきらめかけていたところへ、
偶然、ダイソーにあるのを発見。
IMG_0010


現代語訳と解説まで掲載されています。
105円でこの内容は濃いです。
数万円の通信教育もあるようですが、
こちらで予習するのも悪くないでしょう。


《本のご紹介をさせていただきます》
学生が伝統のル・マン24時間に参戦した熱い記録。
数々の逆境や不運を乗り越えて得た自信と生きる力。
「ル・マン24時間ー闘いの真実ー」
ご愛読感謝!
専用のサイン入りブックマーク
(しおり)配布中です!
無料でダウンロード!
A4サイズ、厚手タイプのスーパーファイン紙に印刷してご活用ください。
PDFでダウンロード(約4MB)

【amazon】
MFI叢書 ル・マン24時間 闘いの真実 (モーターファン別冊 MFi叢書)
MFI叢書 ル・マン24時間 闘いの真実 (モーターファン別冊 MFi叢書) [単行本]


【楽天ショップ】
【1000円以上送料無料】ル・マン24時間 闘いの真実 ル・マンに挑んだ林教授と学生たちの11年/林義正/田中紀子【RCP】
【1000円以上送料無料】ル・マン24時間 闘いの真実 ル・マンに挑んだ林教授と学生たちの11年/林義正/田中紀子【RCP】


【楽天Kobo電子書籍ストア powered by 楽天ブックス】
パソコンでもごらんいただけます!
パソコン用の無料アプリはこちらからダウンロードできます。
右下ウィンドウズWindows版または
マックMac版の青いボタンを押すと
ダウンロードが始まります。