ご存知の方も多いと存じますが、保険会社から入院給付金を
いただくとき、提出が必要とされる書類の中に、

入院証明書(診断書)

があります。
(入院日数によっては領収書で充当の場合もあります)

身内が入院していた時の、保険会社指定の入院証明書を
書いていただこうと、病院に依頼したのが
2017(平成29)年5月2日(火)。
そして5月15日、病院から作成したと連絡があり、行ってきました。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-5984728717755893"
data-ad-slot="9918268145">


渡した用紙に書いてくださると思っていたのが、
新たに同様の用紙にパソコンで作成、出力した用紙でした。
渡した用紙は裏側に空欄のまま、ホチキスで留めてありました。
入院証明書(診断書)ぼかし

料金は税込みの6,480円
事前にインターネットで検索して調べた金額は
だいたい3,000〜5,000円だったので、割高感はありました。
手書ならまだしも、パソコンで一瞬で出力されて
6,480円とは。
手書き部分は、主治医の名前だけでした。
それと認め印。人の手が入ったとかろうじて思える部分です。

診察券を出してください、と言われましたが

「死亡退院の人には渡せない」

と病院の方から返していただいて
いなかったことをお話して再度
「返してほしい」
とお伝えしましたが、ムリでした。
できれば故人が関わったもの全てを引き上げたかったので、
パンチで穴を開けた状態でも返却いただきたかったです。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-5984728717755893"
data-ad-slot="3851305823">


そしてさらに、亡くなった身内の名前で呼ばれた上、

「おだいじに」

と告げられました。

「は? 死んだ人間に?」

と大声を上げそうになりましたが、
多くの患者さんの前なのでガマンしました。

死亡退院のときは、早朝だったこともあり、
主治医は不在で、死亡診断書を書いたのは代理の医師でした。
主治医とはとくに言葉を交わすこともなく、
葬儀社の車と一緒に病院を出ました。

その後も、現在にいたるまで、主治医の方とは
お話をしていません。
「ご愁傷様」のひとことをわざわざ聞きに行くほど
物好きでもありません。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-5984728717755893"
data-ad-slot="5825467129">


こういう結末にならないよう、
できるだけ多くの方々に、まだまだ若い世代のうちから、
薬や病院にお世話にならない生活習慣を
つけていただきたい
です。

先日もお伝えしましたが、身内の逝去に関しては
お伝えしていかないといけないことも
多いので、また後日、改めてご報告させていただきます。