先日たまたま見つけた本です。
いつか読んでみたいです。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか?



自分は学校などで他国の方々を理解し
歩み寄ろう、仲良くなろうと努力しました。
またそういうことは誰でも努力すれば叶うことだと
考えていました。

結論としては、自分の考えは途方もなく甘かったし、
国と人が違えば、近づけない場所が必ずあります。

だまされる人が悪い、とする国と
だます方が悪い、とする国が隣人同士でうまくやるのは
所詮無理な話です。

そこは差別ではなく区別しないといけない。

そこを唯一乗り越えられるのは、大人の礼儀や法律、
そしてビジネスです。

(おそらく)すべてを理解の上交渉する政治家のみなさんは
心労も多いでしょうががんばっていただきたい。

そして、自分も含む一般人は、そんな政治に関わる方々を、
過去のように、旗を振って応援したり送り出したり、
悪口を言って満足するだけではダメなのです。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか〜韓国人による日韓比較論〜 [ シンシアリー ]
なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか〜韓国人による日韓比較論〜 [ シンシアリー ]



電子書籍もあります。
なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか〜韓国人による日韓比較論〜【電子書籍】[ シンシアリー ]
なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか〜韓国人による日韓比較論〜【電子書籍】[ シンシアリー ]