会社員の頃、週末に駆け足で
北海道を旅行しました。
その際に観光案内所の方から
「これあげる」
といただいた用紙があります。
0213-1
0213-2

最近になってそれが風景印で、
用紙は切手の初回カバー(FDC)で、
さらに切手の鶴と合っている
「マッチング」でした。

貴重なものをくださった方に
遅ればせながら感謝するのでした。

自分でも風景印や小型印を
入手できるのか調べて請求してみました。
こちらが初めていただいた小型印です。
0226
0211-2
保管していたご成婚記念の切手ですが
やっと日の目を見ました。

小型印のスケジュールはこちらから確認できます。
郵便局の小型印のページ

そして新幹線開業記念の切手を持っていたので
郵便局で封書で依頼して、
0系新幹線の風景印を押していただきました。
同時代の切手を貼ってギャラリー的に。
0411-1

風景印は全国の郵便局にありますが
使用していない局もあります。
郵便局の公式サイトに該当部分が
あるものの改廃は追いつかないようです。

それでもどこかの誰かが
詳しく調べてくださるのが
インターネットの世界。

請求方法などは下記のサイトを
参考にさせていただきました。
ハガキのウラの郵便情報
全国の風景印を押印してくれる郵便局リストの更新情報

本来でしたら現地へ赴いて郵便窓口の方に
押印をお願いするのですが、外出自粛の今こそ、
自分の代わりに現地へ行くはがきやカードに
思いを馳せるのも悪くないなと感じました。

瞬時にメールやメッセージで伝わる時代に
まったくアナログな趣味ですが、
多くの方にこのシステムを知って
楽しんでいただきたいです。

いつか問題なく旅に出られるようになった時には、
改めて風景印/小型印を求めて歩き回りたいです。