夕方のウォーキングでたまに会う柴犬がいます。

柴犬とは、今まで寡黙で「怖い」印象があり、
飼い主に忠実ながらも、
洋犬と異なり愛想も良くないと勝手に決め付けていました。

しかし育て方によっては他人に対しても
心の広い、やさしい犬だと最近よくわかりました。
目を細めて腰や後ろ足を押しつけてくる仕草を見たら、
柴犬が嫌いな人はいないのではないか、
という気持ちにもなります。
1201

年金生活になったら耳の立った、
いかにもこの国で生まれた風な犬を
飼ってみたいのですが、現実には、
ペットを飼う行為というのは、
金銭的に余裕がないとできません。

今、年金保険を満額払っているとはいえ、
実際にそのとおりの年金を入手できるか、
先のことはまったくわかりません。

さらに今どきの、現役でない60代、70代の方々を見ると、
いかにも「小人間(閑)居して不善を為す」を
見せつけられている気がして、
バカにされて利用されるくらいなら、
自分に何か仕事や作業を敢えて与えて、
ろくなことを考える隙を与えないほうがいいと考えます。

だから今は、昔飼っていた犬を思い出したり、
他人の犬から散歩途中に挨拶してくれる程度が
ちょうどいいのかな、という気もします。